丸亀数理塾

丸亀駅から徒歩1分。大学受験のための「丸亀数理塾」のページです。

センター数学2018年ⅠA第2問[2](3)解答

今年の「データの分析」の分野は、問題のバランスが良いですね。散布図や箱ひげ図からアナログ的に内容を読み取ることと、数式の変形が出ています。散布図にも変量の変換があってかなり高度な内容になってきました。

センター数学2018年ⅠA第2問[2](2)解答

散布図と箱ひげ図の関連です。4つ全てに正の相関があります。他にない特徴を探すと、男子短距離のmaxが30、女子長距離の全員が25未満が分かります。これから、男子短距離はa、女子長距離はdが決定されます。残りの2つは、ばらけ具合などから判断します。 X=(…

センター数学2018年ⅠA第2問[2](1)解答

箱ひげ図の読み方です。基本的なので定義を知っていればできます。

センター数学2018年ⅠA第2問[1]

正弦定理、面積の公式は出ませんでしたが、良い問題でした。二本の線分の長さを確認して平行を決定させるところも面白いですね。 教科書を復習するのが、一番良い勉強の方法です。

センター数学2018年ⅠA第1問[3]解答

典型的な問題です。平方完成、軸で場合分け。センター試験を受ける受験生なら誰でもが練習する形の問題ですね。

センター数学2018年ⅠA第1問[2](2)解答

x ^2の√ は絶対値xです。(√x ) ^2と区別しましょう。条件s の範囲に注意しましょう。後は簡単ですね。

センター数学2018年ⅠA第1問[2](1)解答

要素の個数が20個なので、全部ベン図で表すのが早くて正確な方法です。

センター数学ⅠA解答、第1問[1]必答問題

xの6乗が出てきそうですが誘導に乗れば、計算が進んでいきます。最後の2の個数が上手く出来ています。感動的ですね。

センター試験ⅡB

今年の良問。第1[1](1)ラジアンの定義を問う問題。第2[2]ツテ。センターらしい良い問題でした。でも、多分、出来は良くないと思います。正解率 に興味がありますね。 ちゃんと数学の勉強をしている受験生にとっては易しいですが、過去問題の演習しかして…

センター試験

数学の日ですね。香川県は、穏やかな日です。受験生のみなさん頑張ってください。 昨日は、大淵先生が塾に寄ってくださいました。センター試験の関係で岡山に出張のことです。ありがとうございました。

滝の宮天満宮

講座終了しました。

高谷先生、ありがとうございました。 授業は先生と受講生のコラボです。レベルの高い授業ができたのは、先生だけでなく受講生の皆さんの能力でもあります。受講生の皆さんありがとうございました。またやりましょう。

授業も終盤になってきました。

今回の受講生のみなさんは優秀です。5時間連続の授業に、集中力を落とさず頑張っています。質の高い授業が継続中です。

高谷先生の授業、さすが

迫力があります。首都圏の大手予備校の人気講師だけはあります。受講生のみなさんも熱心に受けています。センターの点数up間違いなしです。

冬期講座始まりました。

高谷先生の特別講座、センター数学直前講座始まりました。

冬期講座、センター直前数学

くり坊先生の授業、いよいよ明日です。 こんな凄い授業、めったにありません。 実力のある人気者、くり坊先生頑張れ👍

数理塾冬期講座

まだ2名空きがあります。当日申し込み可能ですよ。

冬期講座

青学続き

絶対値の処理は難しくありません。数列の和は階差の形です。数学Ⅲといえるのは極限のところだけです。難しく感じるのは不等式や数列の計算のところです。でもこれは数学Ⅲではありません。

青山学院大学理工第5問2017年

「数学Ⅲは簡単」シリーズをやっていますが、今回は私立大学。(1)は教科書と全く同じですね。「数研出版数学Ⅲp234」「東京書籍数学Ⅲp215」の例題と同じです。香川大学医学部、東工大、に続いて青山学院大学でも数学Ⅲは簡単でした。

京都大学続き、

前回の、接線の傾きをチェックする所-4が抜けていました。訂正します。今回は、傾きのチェックは後回しにして、面積の計算をしておきますね。 接点では、方程式が重解をもつので、(x+1)^2で割り切れます。定積分は普通に計算できます。

京都大学文系第1問2017年、

3次関数の接線と積分です。〜を通る接線、基本通りに接点のx座標をtと置きます。t=-1はすぐわかるので、因数定理で残りの解を求めます。傾きが負の吟味に手間がかかりますね。この辺りで差がつくのだと思います。 積分のところは明日。

数理塾お薦め図書

ブルーバックス『元素118の新知識』桜井弘編 113ニホニウムも紹介されています。化学や物理の知識としても必要ですが、一般常識としても知っているべきですね。

千葉大学医学部2011年第14問

予備校時代に解答速報をやっていました。千葉大学担当だったので懐かし問題です。背理法か対偶にして変数を整理し直します。繰り返しを作る所がアイデアです。授業の帰りの電車の中で分かった時には快感でした。

生徒募集中、特に丸亀高校1年生、数学の好きな人

数学の好きな生徒さん歓迎です。楽しく勉強しましょう。学校の勉強では物足りない人、無料体験授業があります。

東工大続き

媒介変数表示の曲線で囲まれる面積です。数学Ⅲが難しいと言われますが、数学Ⅲの部分は簡単ですね。数学Ⅱの積→和と半角の計算や展開して整理する所に手間がかかります。 数学Ⅲが難しいと言われているその正体は、ⅡBⅠAが十分でないことでした。すなわち、ⅡBⅠA…

東工大第5問2016年

数学Ⅲ、媒介変数表示。(1)は曲線の概形を描く問題です。微分係数の符号を調べるために、和→積を使いました。3倍角の公式で展開してもできます。 数学Ⅲといいますが、ほとんどの作業は数学Ⅱの範囲ですね。和→積も3倍角も数学Ⅱの範囲ですよ。

東京大学文科第2問2017年、理系レトロ風

たまには文系。 旺文社、聖文新社の解答が一番良いと思いますが、あえて成分を使って解いてみました。一次変換の考えを利用したので、旧数学Cになるかもしれません。理系レトロ風です。

数学の勉強法

各大学についてもセンター試験についても、過去問題だけをやっていれば、模試やマーク模試で点数が取れるようになるわけではありません。当然過去問題を勉強する必要はありますが、過去問題を勉強する以前に定理の証明や基本的な理解が必要になります。そう…

香川大学医学部工学部共通問題2016年

誘導が親切すぎですね。2017年の積分の方がいくぶん難しいかもしれません。来年2月の試験はどうなるのでしょうか?